商標登録・特許出願・実用新案登録・意匠出願なら海特許事務所へ

商標登録コラム

商標登録コラム

PPAPの出願について

PPAPについての出願が第三者から出されたことが話題になっており、特許庁を責めるようなコメントも見受けられたため制度を含めて説明します。 1.出願情報 出願番号:商願2016-108551 出願人:ベストライセンス株式会(続きを読む

類似したロゴマーク(図形商標)がないか調べるには?|商標の事前調査

会社を設立するときには、その会社を表すシンボルとしてロゴマークを作ろうかと検討する方も多いと思います。しかし、そのロゴマークが既存のロゴと似通ったものだと、図形商標として登録出願しても審査には通りません。 既存のロゴマー(続きを読む

日本の商標登録が歩んできた歴史|明治の商標条例から現代の商標法まで

日本の商標法のはじまりは明治17年の商標条例ですが、商標の起源は鎌倉時代前後まで遡ります。 商店の軒先で日よけ代わりに使用されていた暖簾に、屋号や家紋が染め抜かれていて、それを商品の目印や広告代わりとしていたのが商標のは(続きを読む

特許庁に行かなくても商標登録ができる!電子出願のメリットと手続きの手順

かつては紙の申請書で商標登録の出願をすることが当たり前でしたが、現在はインターネットが普及していることを受けて、特許庁はインターネットを介しての電子出願を推奨しています。 特許庁側・申請者側双方にとって良いことがたくさん(続きを読む

登録したいネーミングが使われていないか調べるには?|商標の事前調査

新しく商品やサービスを公表するときには、人々に広く知ってもらうために自社ならではのオリジナリティあふれたネーミングを考えたいものです。 考案したネーミングは、他社に使われてないように商標登録出願をしておくべきですが、出願(続きを読む

第43類:飲食物や宿泊施設の提供(レストラン・ホテル)など|商標登録の商品区分

行楽シーズンが本格化すると、京都や奈良などの主要な観光スポットは毎年どこも観光客や修学旅行生で賑やかになります。 泊まりがけでの観光に欠かせないものが、ホテルや旅館などの宿泊施設です。観光地を中心に今なかなか予約が取りづ(続きを読む

第39類:工事・修理(建設・機械保守整備・自動車修理)など|商標登録の商品区分

私たちの暮らしを支える電気・ガス・水道。これらを供給するサービスは、第39類に入ります。また、電車やバス、タクシー、船舶、飛行機などの移動手段を提供してくれるサービスも第39類です。 その他、貨物の梱包や積み下ろし、引越(続きを読む

第13類:火器、火工品(鉄砲、火薬、爆薬、戦車)など|商標登録の商品区分

特に日本人にとっては、あまり身近な存在とは言えない鉄砲や火薬ですが、火薬が初めて発明されたのは7世紀の中国の宋時代。11世紀には武器として使われるようになりました。やがて13世紀にはモンゴルとの戦いで使用されるようになり(続きを読む

商標登録、産業財産権のプロフェッショナル!「弁理士」ってどんなお仕事?

私たちの周りには、特許権や商標権、著作権など、特許庁に登録されることにより保護されているものがたくさんあります。これらの権利は企業にとっては、無形財産として重要な価値を持つものです。 これらの権利をまとめて「知的財産権」(続きを読む

商標の国際登録出願とは?海外でもブランド価値を守るマドリッド制度について

海外進出することを視野に入れている、あるいは実際に海外展開している企業などで、「自社の商品やサービスが外国で商標権の保護を受けることができたら…」と考えるところは多いのではないでしょうか。 そんなとき、マドリッド協定議定(続きを読む

お問い合わせフォームへ サービス内容 商標登録 特許出願 実用新案登録 意匠出願 費用 よくある質問 事務所情報 個人情報保護方針 サイトマップ